イギリス英語 / アメリカ英語 / カナダ英語 / オーストラリア英語 / ニュージーランド英語 / シンガポール英語 / インターネットスラング
A / B / C / D / E / F / G / H / I / J / K / L / M / N / O / P / Q / R / S / T / U / V / W / X / Y / Z / 数字・記号 / コラム

boonies

boonies [bú:niz][ブーニーズ]

[名](アメリカ)
1.ど田舎、糞田舎、僻地、辺鄙な場所

いわゆるカントリーサイドって奴ですね。

ただ、牧歌的な田舎というだけでなく…

自嘲的に使われたりもしますが、地理的な僻地・田舎という意味にとどまらず、「(洗練されていない、無教養な人たちの住む)田舎」という侮蔑的な考えが含意されている場合もあるので、時に使用には要注意です(誰だってむやみやたらに住んでいる場所を馬鹿にされたくないですよね)。

"田舎"、"奥地"、"森林地帯"、"未開の地"を意味する"boondocks"(こちらもアメリカ英語の口語です)の縮約形(※)。

※boon (dockは省略される) + 接尾辞-ie + s = boonies

boondocksの語源に関しては筆者も分からず、Wikipediaを紐解いてみました。これによると、米比戦争(1899-1902)の際に、現地での戦闘を行った米軍人がタガログ語の"bundok"という単語が「山」を意味するということを知り、これが本国に持ち帰られ、英語で上記の意味を持つスラングになったとの事。

通例定冠詞theを伴ってthe booniesとなります。

例 I live so far deep in the boonies of Wyoming that I'm pretty sure nobody in this town even knows where Japan is. ワイオミングの超ド田舎に住んでいるからね、この町の誰一人として日本がどこにあるかなんて知らないと思う。間違いない。


pressie

pressie [prési][プレズィー]

[名](イギリス)
1.プレゼント、贈り物、ギフト

贈り物を意味する"present"が縮約されて、接尾辞-ie(親愛や可愛さ等を単語に付与します)を付加した形。このスラングはイギリスのみならず、同じ英連邦のオーストラリアやNZでも使われます(単語を短くして接尾辞を加えるなんてのは、特にオーストラリア人が好きな造語方法ですしね)。

例 My dad bought me a telescope. Time to look at stars and planets!! The best birthday pressie ever. 親父が望遠鏡を買ってくれたんだ。夜空を見上げなきゃね。最高の誕生日プレゼントだよ。

snag

snag [snǽg][スナッグ]

[名](オーストラリア)
1.ソーセージ(sausage)

先週のbangerに引き続き、ソーセージを意味するスラングをご紹介。今回は南半球のオーストラリアから。

複数の豪州人の友人曰く、"軽食"を意味するイギリス英語"snag"に由来しているようですね。小腹を満たすために摂っていたsnag=軽食が、その軽食時に食べられていたソーセージを意味するようになっていって、オーストラリア英語に定着したということでしょう(オーストラリアはイギリスの植民地として発展してきた歴史があるので、イギリス英語の影響を多分に受けています)。

また、snagという単語自体は、ここでは紹介しきれないくらい多様な意味を持っていますので、文脈に合わせて調べられる事を推奨いたします。

例 It's a great day for a barbie. Come to my place and grab a snag. Also an esky full of beer is waiting for ya. 今日はホントにバーベキュー日和。ウチに来てソーセージでも食えよ。ビールがパンパンに詰まったクーラーボックスがお前を待っているぞ。

esky

esky [éski][エスキー]

[名](オーストラリア)
1.クーラーボックス

クーラーボックス(=cooler、ice box)を意味するオージースラング。

元々はMalley'sという会社の"Esky"というクーラーボックスの商標(※1)で、それが一般名詞化した形。なので他社製品のクーラーボックスであってもeskyと呼ばれます。絆創膏の事を、ジョンソンエンドジョンソンの登録商標である"バンドエイド"と呼ぶのと同じですね。

バーベキュー(barbie)やビーチアクティビティ、キャンプ等で大活躍するクーラーボックスだけに、アウトドアアクティビティ・レジャーが盛んなオーストラリアンライフとは切っても切り離せないスラングです。

※1 この商標自体は極寒の地に住むEskimo(エスキモー)に由来しているみたいです。

例 I'd love to spend the day at the beach with an esky fully of beer, and a good book to read. ビールが詰まったクーラーボックス持ってさ、ビーチに繰り出して読書でもしたいね。


関連動画:エンジンを取り付けたクーラーボックスを飲酒運転して捕まったって?

5-0

5-0 [ファイヴ・オー]

[名](アメリカ)
1.警察(the police)、警察官(cop、police officer)

警察、警察官を意味するアメリカンストリートスラング。

このスラングは1968年に放送が開始されたアメリカのCBSのドラマ「ハワイ5-0」(Hawaii Five-0)に由来しています。このドラマはハワイ州知事直属の警察の特別捜査班を舞台とした刑事・警察モノでして、このfive-0というタイトルが、警察、警察官を意味するスラングへと変化、定着していったのです。

「古畑任三郎」から、「古畑」が「警察」を意味するようになるようなものでしょうか(なってないですよ。仮定のお話です)。

※1 007を[ダブルオーセブン]と読むように、数字のゼロを言葉に出して読み上げる際に、O[óu(オウ|オー)]と読むことがあります。詳しい説明、使い分けはこちらのウェブサイトをどうぞ。
※2 five-0、five-O、five-Oなども同じ意味のスラングです。
※3 アメリカの50番目の州のハワイを舞台にしているから、5-0

例 I was like one gear away from getting a hefty speeding ticket. Thank god my friend gave me heads up that the 5-0 was behind me. もうちょっとでエグイスピード違反の切符を切られるところだった。警察が後ろにいるって友達が教えてくれてホント助かったよ。



こちらは2010年から放送開始のリメイクバージョンのオープニングイントロ。男勝りなGrace Parkに私は蹴られたい…。